"あまりに物件の条件にこだわりを持ってしまうと、 その条件に合う物件数がかなり少なくなってきてしまいます。
例えばお風呂とトイレは別々という条件を変更して、ユニットに妥協することで、かなりの数の物件数に広がります。

 

全てが好条件で理想を挙げればキリが無くなってしまい、 なかなかイメージした物件に出会うことが出来ません。
あまりにも条件ばかりに気を取られてしまうと、家賃はどんどんと割高になっていきますので、妥協できる条件はしっかりと決めておきましょう。

 

実際に物件探しを開始剃る前には、譲ることの出来る条件や絶対に譲れない条件を明確にしておくことでスムーズに物件探しをすることが出来ます。
不動産屋に出向くことで、担当者が貴方の条件を元にして物件を紹介してくれますので、スムーズな物件探しをすることが出来るのです。"



一番大切なのは支払える家賃設定ブログ:21-2-18

結婚してから気づいたのだが、
あたくしの旦那は無趣味な人であった。

例えば、読書にしても…
実用書が好きだったり、読む時も仕事上の文献を探すとか、
「楽しむ」感じではない。

釣りや各種アウトドアスポーツの道具を持っていたり、
遠出をしたこともあるようで、
身体を動かすことが好きなのかな?とも思ったが、
友達に誘われてやってみたことがある…という程度。

かといって、
「絵を描きます」とかそういうのもない。

旦那は定年後どうするのだ!?と密かに思っているのだが、
それはさておき…

高校時代は水泳部だったという旦那は、
水の中で身体を動かすことは楽しんでできるようである。

それでも、
あたくしと結婚してから休日にプール、夏場に海…など、
積極的に出かけることもなく過ごしてきた。

しかし、現在5歳になる娘が
スイミングスクールに通うようになると、
休みの日には公営プールに出かけて、一緒に遊んでくれるようになった。

カナヅチのあたくしにとって、
それはとても有難く(あたくしは水泳を教えることができないので)、
健康的な趣味ができた!と喜んでいる。

もちろん、娘も
「プールに行く」というととても喜んでいる。

娘はママ大好きっ子なので、
普段はあたくしと一緒でなければ、旦那と出かけることはない。
それが、プールだけは別。
それは旦那にとっても嬉しいらしい。

残念ながらあたくしは一緒に行ったことがないので、
二人がプールでどんな風に過ごしているかは分からない。

でも二人とも充実した顔で帰ってくるので、
きっと楽しいのだろう。
男二人、なかなかいい趣味ではないか!