悪質な賃貸物件についての広告に注意

悪質な賃貸物件についての広告に注意


悪質な賃貸物件についての広告に注意
"実際に不動産会社を訪問する前には、必ず広告で掲載されている賃貸物件に空きがあるかどうかを電話で聞くようにしましょう。
雑誌やネットなどの広告はいうならば「餌」になるので惑わされないようにしましょう。

不動産会社としましては、当たり前のことですが、お客様が店頭に訪問をしてもらわないと、ビジネスとして成り立ちません。
どんなに多くの人が不動産屋のホームページへ訪問しているとしても、実際に店舗にまで来てもらわないと意味がありません。

すでに入居者が決定している賃貸物件を「おとり広告」として雑誌に載せ、客を呼び込んでいることがあります。
多くの人が魅力を感じるおとり広告について問い合わせをすると「先日すでに契約されています」などと流し、別の物件を紹介してくることでしょう。"




悪質な賃貸物件についての広告に注意ブログ:09-8-18

「減量中は間食を控えるべき」
というのは、読者様ご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
食べる事を食べてから数時間でお腹がすいてしまい、
手軽にお腹を満足させるために、
おかしなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい体になっていくわけです。

また、お腹がすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むおかしなどを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ライスよりもおかしのほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおかしなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的にはお腹が満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食べる事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくお腹が減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。

悪質な賃貸物件についての広告に注意

悪質な賃貸物件についての広告に注意

★メニュー

管理物件が豊富に取り揃えている不動産屋
悪質な賃貸物件についての広告に注意
賃貸への引越しには家賃の半年分は準備しておこう
一番大切なのは支払える家賃設定
世の中の動きによって賃料に変化がある
時折問題になっている敷金の使われ方
自分の求めている賃貸物件と出会うために
引越しが決まったら2週間前に不動産屋へ
掲載するのに物理的限界のある賃貸情報誌
最初にインターネットで探して問い合わせ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)駅チカ賃貸物件で便利生活始めよう