"退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
原状回復としてどこまでが敷金の対象範囲なのかを一度確認しておくと良いかもしれませんね。

 

礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
最近では礼金をゼロ円設定にしている物件も多く、中には敷金もゼロのゼロゼロ物件も目立ってきています。

 

敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分に使用されたり、部屋の修復費に使用されます。"





amazon クラウドについて
amazon クラウドのことなら
URL:https://cloudpack.jp/


時折問題になっている敷金の使われ方ブログ:27-4-18

肥満体質の人の食生活を見ると、
いきなり果物から食べている人がいます。

「一番おいしいものは一番最初に食べたい!」
食への素直な気持ちの表れなのでしょう。
その気持ちはわかります。

食後のチーズケーキ、食後のアイスクリームなど、
甘くておいしい果物は、一番最初に食べたい…

しかし、その素直な気持ちは抑えて、
やはり果物を食べるのなら食後にしましょう!

食べるのなら、
主食の前も後も関係ないと思うかもしれませんが…
実は大いに関係するのです。

果物はほんの少量でも、高カロリーです。
糖分の吸収も早いため、すぐに満腹を感じてしまい、
果物を食べ終わったころには
「もう主食はいらない」と食欲が減退してしまうのです。

果物だけ食べて、主食を抜いてしまう可能性が強くなる…
これでは本末転倒です。

本来、食べておくべき主食を後回しにすると、
逆に食べられなくなってしまう可能性が強くなるのです。

しかも、砂糖ばかりがたっぷり含まれ、
ビタミンやミネラルが含まれていないので体にもよくない。

やはり果物は、食事の最後に食べるのがベストなんです!

昔から「果物は食後」と言われています。
なぜ果物は食後にするべきかというと、
お腹いっぱいに食べさせないようにするためです。

食事をしっかり食べれば、
果物を食べようとする食欲が減退して
「もういらない」という気持ちが大きくなります。

お腹が膨れて「もういらない」と省くのなら、
主食ではなく果物にするべきなんです。

果物は抜いても大きな問題にはなりませんが、
主食を抜いてしまうと大問題です。

そうならないためにも
「果物は食後」というのは理にかなっているのです。