"広告雑誌で最も注意をしておかなければいけないこととしましては、発売されるまで約2週間程度のブランクがあるということです。
その為問い合わせをしたとしても、すでに決まってしまっているケースが多くつまり情報が古いということになります。

 

広告雑誌におきましては誌面が限られているということで、どうしても偏ってしまっている情報が掲載されます。
つまり良い部分だけを掲載していることになりますので、店舗へ足を運んでもらうための餌とも言えるのです。

 

賃貸住宅情報誌に掲載されているものを基準として考え、家賃相場を予測してはいけません。
あまりにも相場の違いにガッカリ、なんてことになるのでお気をつけ下さい。"





恋愛占い当たるチェック
恋愛占い当たるの専門
URL:http://love-rask.com/honkaku/


掲載するのに物理的限界のある賃貸情報誌ブログ:30-11-17

私は10年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
私にとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「父親を感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

父親はヘビースモーカーです。
幼少の頃、父親の枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

私の中でそれが「大好きな父親」だと
認識していることに気がついてからでした。

私が本当に好きだったのは、
この父親の匂いではなくて、
父親の屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
父親なんか必要ないと、父親から心理的に距離をとり、
父親の中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうの父親」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃は父親が大好きで
父親のヒザの上や腕の中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
私の古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
私にとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、父親のことを理解し許し始め、
父親に対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
父親を大好きで信頼できるという気持ちだったのです。